こどもサピエンス史: 生命の始まりからAIまで

子どもの読書用に買いましたが、自分がはまっています。

全体を通して『話し合うことが大切』と強調されており、これが原文でもそう書かれているのか、それとも日本語に訳されるときに追加されたのか気になるところもありますが、個人的にはこの本を読んで人類の進化の概要を理解してから、日本の歴史や世界の歴史を読んだ方が物事の本質がつかみやすい気がします。

今あるルールや考え方が絶対ではなく、時代とともに変わっていくものだと感じてくれたらいいと思い、子どもと一緒に読んでいます。

コメントを残す